学生読書日誌

主に読書感想文をかきます

4日目

天気は曇り。コートを着なくても出歩けるのは最高だ。日々のストレス蓄積が大きく、普段目を向けないようなことにも相対的に楽しさを覚える。

今日はインターン4日目。

プログラミングに死ぬほど行き詰まってメンタルも死んだ。俺が放課時間にキャッチアップを図ってイカれた顔でパソコンとにらめっこしている傍ら、人事と歓談しているインスタキラキラ系女子の笑い声が響いていた。勘弁してくれ。

最近やっと謙虚さを手に入れてきたつもりだが、卑屈な領域にまで落ちぶれたくはない。

こうしてバカみたいに金と時間と労力を投資した先に待っているのは週5の8時間以上労働。ツイッターで囁かれていた人間は8時間労働が限界って説がマジなら、我々日本人はサイヤ人か何かだろうか?ドラゴンボール見たことないけど思わず比喩に使ってしまった。

タダでさえ茶番感がオーバーフローしてる上に、自分の人生を食い物にされてる感覚が拭えないこんな就職活動をどうやって頑張れようか。とかいいながらも民間企業が進路としてはベターな選択肢になってしまう自分の残念さ。

ロジカルシンキングが大事らしいが、それが最も強調されるこの戦場に理はあるのか、いや無い。理が無い。無理。無理、無理です。全部終わり。終了閉幕閉店ガラガラ。