学生読書日誌

主に読書感想文をかきます

インターン

現在、東京は日本橋近辺で某社のインターンをしています。

日本橋ではビル風がコートをひるがえし、申し訳程度にセットした髪は重力に反逆します。

5daysのタームで、現在2日目終了です。

こちらのインターンですが、思ったよりも負担が大きい。ワークの難易度が高い事もあるんでしょうけれど、喫煙所がビル内に無いのが一番しんどいです。

また、往復所要時間が約1時間半ともなると、1日の体感時間がかなり削られます。

8時半出社&20時退社は、(悲しいことに)割と一般的だと思うのですが、これで8時間睡眠を確保しようとすると、夕飯入浴を含めて余暇は2時間弱程度でしょうか。小説の一冊も読めやしません。

頑張って自転車通勤圏内に住みたいですね。

こうして書き起こしてみると、選社軸のようなものが少し見えてきた気もします。

まあ、仕事を「お金とプライドの満足を得る手段であり、根本的に面白くないもの」と定義すれば、という前提は必要ですけれど。

嗚呼、働きたくない。

あまり志望度が高くない企業で、参加には気乗りしませんでしたが、こうして振り返ると自分の本能的に望む働き方は見えてくる気がします。

何事も経験ですね。

煙草が足りないので終わります。