学生読書日誌

ハッピーヘブンのふきだまり

主に読書感想文をかきます

世界でもバカ売れ、中華SFの金字塔『三体』を読んだ

三体

 

「われわれは、平面上にある円の中に、上から簡単に入ることができます。しかし、平面上にいる二次元生物が閉じた円の中に入ろうと思えば、円を壊すしかありません」

 

今回は、中国国内で2100万部売り上げオバマ前大統領やザッカーバーグもハマったという、現代のモンスターSF『三体』の感想をネタバレ抜きで書きたいと思います。

相当なボリュームだったんですが、SFにありがちな冗長さは全くなく、楽しく読み切ることができました。

以下、早川書房から引用のあらすじです。

尊敬する物理学者の父・哲泰を文化大革命で亡くし、人類に絶望した中国人エリート女性科学者・葉文潔。彼女が宇宙に向けて秘密裏に発信した電波は惑星〈三体〉の異星人に届き、驚くべき結果をもたらす。

 

この作品で個人的に一番すごいなと思ったのは、「こういう経験を経てきたこの人にしかこれは書けないだろうな」という強い作家性です。印象に残った一節を紹介します。

お義父さんはこのことを回想してから、わたしにこう嘆いた。

中国では、どんなにすばらしい超越的な思想もぽとりと地に落ちてしまう。現実という重力場が強すぎるんだ、と。

あらすじでも紹介されている通り、『三体』の根幹となる異星人とのコンタクトの引き金を引くのは「現実という重力場」に押しつぶされてしまった女性科学者なのですが、彼女がその決断に至るまでの文化大革命での経験の生々しさは、ほかのどの国の人間でもなく、中国人にしか書けないでしょう。

本書では、彼女の動機を形成することになる様々な事件が折々に描かれるのですが、そこから生まれる人間集団への諦めは、葉文潔のものというよりむしろ著者本人のものなのではないかと邪推してしまうほどです。全体的に淡々として読みやすい文体も、この点においてはドライさを醸し出すのに一役買っている気がします。

(中国では本書の歴史的大ヒットを皮切りに、著者が国家的にも文化的にもSFバブルの旗頭のように扱われているらしいですが、葉文潔を通してうかがう著者の目線を勝手に想像すると、なんだか皮肉な構造な気がします…)

かといって、この本が絶望した科学者の冷淡な復讐劇にとどまっているかというと、もちろんそんなことはありません。むしろ、エピローグを読んだ後は、決断を下した後のシーンをピックアップして、もう一度彼女の内面をたどりたくなるはずです。エモーショナルなエピローグの見え方が、きっとほんの少し変わるでしょう。

彼女が峰の頂から眺めた「落日」の真価は、いったいどのようなものだったのでしょうか?

 

 

 また、純粋にSF小説として読んだ時の知的好奇心の湧き立て方も上手いです。

一流の科学者たちを突如として襲う様々な怪事件、「一見シンプルに見えて、人の制作したものとは思えないほどの情報量を持つ」VRゲーム、数学的に解くことのできないとされる三体問題、次元の壁などなど…

思い出しながら書いていても盛りだくさんな内容に、もう一人の主人公汪淼が挑みます。

こちらのパートは一転、とてもテンポのいいサスペンスのような面白さです。

再三言及する通りの高い文章力で以って、普通ならウンザリするような難解なテーマも、ワクワクしながらページをめくる原動力へ変えてくれます。

重厚なSFにもかかわらず読者を飽きさせないのは、著者の経験や文章力のみならず、シナリオの構成力も白眉であるということでしょう。伏線の仕込み方も鮮やかだなと思いました。

(上述したシンプルでとるに足らないように見えて情報量が尋常でないという描写を気に留めておくと、33章でニヤニヤできると思います笑)

 

 

さて、自分的推しポイントはこんな感じです。

 

しかし、この記事を書きはじめながら思ったんですが、視点を変えた途端、読み終えたときにはあまり気に留めなかった文章にひそめられた意図や情感のようなものがどんどんと湧いてくる作品でした。

ライトなSF読者な自分でもストレスフリーに楽しんで読了できた裏に、未だ発見できていない緻密な構造や要素が大量に組み合わさっているのでしょう。さながらよくできたソフトウェアサービスのようですね…。

これが三部作の第一作ということで、よりパワーアップしたものが後2つも邦訳を待っているらしいです。めっちゃ楽しみ(笑)

 

ということで、『三体』感想でした。拙文ながら、きっと興味を持っていただけたことかと思います。ぼくの友人で読書好きな皆さんは、読んだら報告ください(笑)

 

PS.検索していたら、WIREDに一部の章が無料公開されていたので貼っておきます。

いきなりハードカバーは重い、って方もぜひ読んでみてください。

wired.jp

 

岡本太郎がすげぇって話

 昨晩、今年はじめてクーラーをつけて眠ったら寝起きがメチャメチャ良くてびっくりした。寝起きの頭の重さに悩まされていたが、そろそろそういう季節なのか。

カフェインを暴飲しようがブルーライトの直射を浴びようがスッキリ起きれることもあれば、寝る前にいろいろ気をつけても、起き抜けの不快感はむしろ増したりもする。睡眠に何が効くか、というのは永遠の難題だ。QOLに直結する分タチが悪い。

 

そんなノリで起きた土曜だが結局正午過ぎまでダラダラしており、Youtubeのサジェストを2周くらいした後なんとなく読んでいたのが岡本太郎のエッセイ『自分の中に毒を持て』だった。

もはや自分がいつポチったのかも覚えていないし、岡本太郎で連想するのも「太陽の塔」「芸術=爆発」とかそのくらい。なぜ買ったのかすらもよくわからない笑

 

しかし、ラーメン屋の待ち時間を持て余してカウンターの「当店おすすめの食べ方」を読む、みたいなスタンスで開いたこの本、思っていたより刺さった。

要約すると「三日坊主上等。興味に抗うな」「駄目なときはしゃーない。駄目さを受け入れろ」「とにかくなんでもやれ」「自分との戦いが全て。他人を行動基準にすんな」といった雰囲気。

 

まあエッセイだし賛否は人それぞれだろうが、個人的には違和感なく入ってきた。

 

面白いのが、最近の心理学とかメンタルとかでも「セルフ・コンパッション」という文脈で似たような主張が流行っているところ。「ハーバードの〜〜」とかそういう売り文句のビジネス書も自分は割と読んでいたけれど、ホントに内容が似てる。

第一版は25年くらい前に出版されたらしいが、「なんか破天荒で有名っぽい」という岡本太郎への浅ーーいイメージからすると、(思想には流行り廃りがあるのを割り引いても)思ったより普遍的なことを言っていて意外な感じ。

 

今書きながら思いついたが、彼が破天荒だとか型破りだとか言われていたのは、昭和の時代との対照性も大きいのかもしれない。

「個人のメンタル充実主義」とでも言える彼の思想と、それを曲げずに体現してはばからない彼の生き様は、「周りのアイツラより出世して稼ごう」「足並み揃えて皆のために頑張ろう」みたいな価値観の中では確かに異色だろう。昭和、生まれてないから知らんけど。

岡本太郎、案外現代の若者と話があうかもしれない。

 

 

さて、思想が流行る土壌がその時の社会情勢に有るのと同じで、ある本を手にとってそれが刺さるかどうかも読者の感受性次第だ。つまりタイムリー性が全て。

この本を読んで楽しめたのも、最近自分がそれっぽい生活を心がけているからかもしれない。

 

エンジニアとして配属されて約半年、いろいろと思うところや心労があった。しかし、上を見れば理系院生や海外のコンピュータサイエンス専攻がゴロゴロいる中で他人とスキルを比較しても仕方がない。物差しは自分の過去にしか無い。

 

また、そこそこ金銭的に余裕が出たことで、「このまま自分のためだけに生きるのって限界じゃね?」としばらく虚無に浸っていた時期があった。しかし最近は、開き直ってやりたいことを追求する私生活を送れている気がする。

俯瞰的に自分を見つめてみれば、突発的な鬱くらいには立ち向かえる熱の種がどっかしらに残っているものらしい。何もないなら休めばいいし。

例えば最近、下手の横好きながらエレキベースをいじくり回しているが、これがやってみると無心になれて気持ちいい。「いやいや、今更音楽始めるとかww」という自分は楽器をポチった瞬間にいなくなる。ひねくれた自意識を殺すには行動有るのみだという貴重な学びを得た。

 

(↓今挑戦している曲:イギリスのロックバンドBring Me The HorizonのThrone。イントロから超テンション上がるイケてる曲)


Bring Me The Horizon - Throne (Official Video)

 

 

読書と生活のオーバーラップについて一般論を書くつもりだったのが、例のごとく自分語りに陥ってしまった。まあ個人ブログだししゃーない。

 

 

とりあえず、BMTHはいいぞ。

イモムシがサナギになった話

最近、とにかく物事への興味・関心が薄れてきた。虚無とは違う無気力という感じ。

良くも悪くも感情の動きが凪いできたといった感じで、過去の自分の言動やブログ記事を振り返ってみると、どうしてあんなにも劣等感や羨望や攻撃性を燃やし続けられていたのか不思議なくらいである。

この土日は意図的に暇を謳歌しているので、せっかくだし考えていた原因を言語化してみようと思う。

 

一番考えやすいところとして、現在の職種柄「周りを意識している暇があったらスキルアップだ」というような規範意識が常にあるのは原因のひとつかもしれない。エンジニアとして働くことになり、それなりに向いてはいるのだろうけどいかんせんベースが足りな過ぎて、余計なことを考える暇があまりない。

 

社会的な変化としては、少なくともこれまでのコミュニティのように数年が経過すれば是が非でも次の環境に放り出される、というような、将来に対しての、いい意味では可能性、悪い意味では不確かさのような幻想に終止符が打たれたことも大きいだろう。

これからの人生、何かしらの転機を求めるのであればそれなりの能動性が求められる。何者でもないから何者かになれるはずだ、という若気が醸す蜃気楼みたいなものが霧散し、事実として社会の中でひとつの役割を充てられている。

 

また、定期的な収入源を確保したことで、少なくとも自分が想像できて、かつやりたくなるような贅沢くらいなら、わりと初任給でまかなえてしまうことに気づいた。

これがどういう心境を招くかというと、自分のためだけの生活なら、今後ほぼ何の努力も必要ないことがわかってしまうのである。だってそうだろう。物欲、見栄、家庭といった、昇給を目指す動機の一切が存在しないのだ。今後それがどう転ぶかは誰にもわからないし、今はそうとしか思えないという話ではあるが。

もちろん、金銭的な心配をしなくて済むのは素晴らしい。親の無い袖を賽銭箱前の鈴のように振り回すのは精神衛生に良くない。自立している感覚は、少しだけ自分をタフにしてくれる。

 

より抽象的な意味での変化としては、人をあきらめる勇気を持てるようになった。

入社してからの人間関係は想像していたよりもわりとダルく、ここで悪口を書き連ねても無益なのでやらないけれど、まあ一苦労した。

しかし、そんなこんなでグダグダとやっていく中で、怪我の功名的に、他人と自分の心的距離の取り方を学んだ側面がある。

「他人と過去は変えられないが、自分と未来は変えられる」という言葉がある。不愉快なら離れればいいし、快適なら一緒にいればいいだけの話で、相手や環境に何かしらの変化を期待するのはあんまり意味がない。

問題への立ち向かい方は、ぶつかるか、耐えるか、離れるか、それを問題ではないかの如く捉えなおすことのいずれかでしかなくて、それらの手段が要するコストと、もたらしてくれるリターンの比較衡量が全てだろう。後者が前者を上回ることは、企業の中では限りなく少ない気がする。

(こうした人間関係の問題は、多くの苦楽を共に積み重ねて乗り越えるだけの時間があれば、また違う結果をもたらすのだと思う。「会社の人間関係」においてそれは望みにくいだろうし、あえて望みたくなるようなことも少ないという話だ)

一言で言ってしまえば、大人の対応を体で学んだとでもまとめられるだろうか。だいぶ乱暴な気もするけど。

と、ここだけでこの段落を終わらせると、知恵を付けた社会不適合者の負け惜しみにしか見えないと思う(笑)。ここまで明け透けに吐き捨てられるのは、自分をさらけ出したうえで仲良くやってくれる友人が少なくない数できたおかげだ、と言うことは補足しておきたい。感謝。

 

ここまでいろいろ要因を書いてきたけれど、これらをひっくるめるとたぶん、現実と向き合ったうえで自己肯定感を得られたという言葉に帰着できるのではないだろうか。月並みな言葉だけれど。

 

冒頭で上げたようなコンプレックスからくるモチベーションの形は、適切な自己肯定感と表裏一体なんだろう。これまでの自分はそれを燃やして燃やして歩いてきたわけだが、幸か不幸か、エンジンの形が変わってしまった。それが不可逆的な変化なのかはわからないけれど、それ故に、外界への気持ちのベクトルが縮小した。

丸々22年生きてきて、のたうち回っていた自意識というイモムシが、サナギという形に安定したのだ。そこから蝶が出るか毒蛾が出るか、それとも枯れ死ぬのかはわからないけど、なるようになるだろう。

遅すぎた思春期の終わりか、早すぎた達観の始まりか。たぶん前者。

三日坊主の分水嶺

更新頻度あげようチャレンジの3日目。

今日キーボードの前に向かえている自分を褒めてあげたいが、あいにく会社と家の往復生活ではなかなか書くようなことも生まれない。

まあこのブログの記事もあまり社会人丸出しだとあれなので、たまには力を抜いて散文的にやる日があってもありかもしれない。

 

散文的で思い出したけれど、最近全く小説を読んでいないことに気がついた。いい感じに手が出しやすい積ん読レパートリーも底をついた。

どうにも、限られた時間で娯楽を摂取しようとするとYoutube、ニコ動、漫画によってしまう。

文芸系の本を買って読んだのは2ヶ月前らしい。この実績は個人的に険しい。週休三日は欲しい。

 

週休三日といえば、世間はすでに夏期休暇モードの雰囲気だ。かくいう俺も盆の9連休を生成した。

チームメンバーにも気の早いやつがいて、明日から2連休にして実家に帰るという。

周りがそんな感じなので、いやでも俺もカレンダーを見る。いわゆる平成最後の夏が終わりそうなのを実感して気持ちが下降気流だ。暖房器具つけてんのかってくらいな暑さがエンドレスで続いてる。脱水だとか、栄養成分の欠乏だとかには気を付けよう。

 

そろそろ連想ゲームの限界だ。

三日坊主の分水嶺と題して、自分が書くのに飽きないように、今回押韻をねじ込もうとしたけどやっぱむっずいね。

明日も天気予報はカンカン照りだけど、体とメンタルをいたわって楽観的に働いていきましょう。

 

チーム作業の要点を3つまとめてみた

今日の記事は完全にセルフ備忘録である。Progateが鯖落ちしてガン萎えしてるので、暇つぶしがわりに。

 

弊社の現在の新卒研修においては、人事部の人材開発チームだけではなくあるエンジニアチームのリーダーもメンターとして参加してくれている。非常に尊敬できる人だ。

本日その人から、チームでの仕事において意識すべきことについていろいろとFBを頂いたので、メモとして残しておく。

 

1.日々チームを絶対的に良くすることを考えるべし

2.他人は変えようとせず、受容せよ

3.モチベーションの一致する領域を探す

一言でまとめると各々こんな感じになる。以下それぞれ説明する。

 

1について、会社なんかだと結果を出せているチーム、そうでないチームがばらけることになるが、チームは複数の違う人間による化学反応の産物であり、ほかのチームのやり方を猿真似したところでチーム環境は良くならない。

なので、ほかのチームがキラキラしている様子に左右されず、「自分のチームが1日1%でもいいから良くなっていくためにはなにをするべきか?」という視点を持たなければいけない、という話だった。

そして、とてもリアルな話だなと思わされたのがこの点で、「自分が潰れそうなときにチームのことなんて考える必要はない」という留意点がついている。問題を解決しようとしてミイラ取りがミイラになるな、という意味合いだ。

チームのパフォーマンスを考慮するからこそ、まずは自分のコンディション優先であるべき。至言だと思う。

 

2についてはそのまんまで、その人の価値観はその人が能動的に改める以外で変わることはないので、変えようと働きかけるだけ無駄な話だし、何よりそれは傲慢である。

メンター氏曰く、「差異は学びのいい機会」ということだった。

しかし、ここでも現実的な防衛ラインは考慮されており、「差異を受け入れることと相手に迎合することは違う。キャパを超えるくらいなら疎なコミュニケーションに切り替えろ」とのこと。

 

3について、たとえば、とりま出社して食い扶持稼げればいいやという人間と、できるだけ実績を上げて評価されたいという人間では、モチベーション構造が全く違うし、2でも言及したとおりそれを無理にすり合わせるのは厳しいものがある。

しかし、この例で言えば、「仕事を定時の中で終わらせるために、少ない時間で多くの成果を出す」というような目標設定をしてあげると、両者共のモチベーションを(完璧ではないにせよ)刺激することができる。

そのためにリーダーは、何よりメンバーの性格や考え方を冷静に把握しなければいけない」らしい。今の自分には荷が重そうである。

 

以上の3つが今日のフィードバックの内容である。

ぱっと見でわかるように、世界中のあらゆる共同作業で通用する普遍的な原則だ。せっかく文章に残したことなので、しっかり肝に銘じていきたい……。

 

社会人生活を4ヶ月終えて

7月が過ぎ去りプロダクト開発研修を終えた。思ったより評価が良かったものの、自分の意図していた部分での良さは発揮しきれず反省半分達成感半分といった感じ。

一息ついて、なりを潜めていたサブスキルのトレーニングへの意欲が沸いてきたので、この夏は文章を書く頻度をあげる。あげたい。あげよう。

プライベートを有効に使って、会社への相対的な依存度を下げること。大事なテーマだと思う。新卒一年目からこんなこと言ってるのもどうかと思うが、業務への真面目さと相反するものではないだろう。

できればがっつり本の感想とか書きたいんだけれど、あいにくあと30分以内に書き上げないと8時間睡眠が保てないので、今日のところは近況日記でお茶を濁します。

 

さて、一波去ってまた一波。残りの二ヶ月の研修期間は志望に応じてOJTケーススタディかに分岐する模様。

自分はOJTコースを選んだ。そっちの同期はだいたい70人ちょいで、改めてチームも再編されるらしい。この4ヶ月、大学でいかに同質コミュニティに依存していたか痛感させられ、またチームビルディングからか……と若干憂鬱な気持ちではあるけれど、新しい環境への期待も保っている。

謙虚さと自尊心の両立。環境変化に際して、改めて肝に銘じて同じ轍を踏まないようにしたい。抽象的すぎて何言ってるかわからないと思うけれど、要は、わりとつるんでた同期に人間性を理由に絶縁されました(笑)

言葉で殴り合っていいのは弁護士とラッパーだけ。小学校の近くに貼ってた標語感がすごい。クソ暑い夏の住宅街を歩いていると小2とかの夏のプール帰りを思い出してノスタルジックになる。

 

近頃めっちゃ推してる山口周という外資コンサルタントの方が言うには、コミュニティが激変するとき人間の感情カーブは3~6ヶ月で下がり目・底辺に至りがちらしい。周りの友人たちを見ても、理由は十人十色でありながら苦労しているひとが多いっぽい。

社会心理学(?)的に普遍的なことらしいので、いい感じに相対化しながらトンネルを抜けよう。(自戒も含めて。)

夜が明ければ朝は来るし、台風一過で青空だ。

 

夜も更け、話題のジャンプ力もなくなってきたので今日はこの辺で。

書評『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか』山口周

「優れた意思決定」の多くが、直感や感性によって主導されていたという事実によって私が伝えようとしているのは、決して「論理や理性をないがしろにしていい」ということではなく、「論理や理性を最大限に用いても、はっきりしない問題については、意思決定のモードを使い分ける必要がある」ということです。(本文より)

 

リーマンの端くれとして会社での生き方を考えるようになってから、山口周氏の著作に非常に考えさせられるところが多かったので、リハビリがてらに感想を書きたい。

著者の山口周氏は、慶應で哲学・美術史を専攻した後、電通、BCGを経てヘイコンサルティンググループに勤務しており、主に組織コンサルに携わっている、らしい。リベラルアーツの含蓄を持ったイケイケのコンサルタントといった感じか。

では、早速内容の要約に入ろう。

 

主題:なぜ「経営とアート」なのか?

序章、著者が言うには、近年グローバル企業では経営人材に対して「アート」の知見を養わせようとしているトレンドがあるという。

なぜ、経営とアートなのか?

多くの就活経験者なら、民間企業は「1にコミュ力、2にロジカル、3,4が無くて、5に経歴」といった要素で人材を選別するのが当たり前だと納得しているだろう。ここに「弾ける曲」「描ける絵」だなんて選別基準は現れない。

そして、人材選別基準が上の通りであるなら、経営に求められる意思決定の性質も、当然同じように客観性・論理的整合性を追求したものになるはずである。それこそ論理的に考えて、「アート」の素養は経営とは畑違いなのではないだろうか?

 

この違和感に対して著者は、以下の三つの要因から、もはやロジカル偏重の企業活動は限界を迎えており、その企業なりの「正しい、良い、美しい」といった行動規範、つまり内在化された「美意識」が求められていると主張する。それこそが、世界のエリートが”審美眼”を鍛える理由だというのである。

 

1.論理的・理性的な情報処理スキルの限界

2.世界中の市場が「自己実現的消費」に向かいつつあること

3.環境変化にルールの制定が追いつかない状況

 

それぞれについて補足していこう。

1→ロジカルシンキングの限界

・複雑・予測不可能な情勢の中で、論理的に正しい意思決定に執着しても「情報が足りずに決められない」という停滞に陥りやすい。

・現在の市場では、ロジカルに「正解」を出せる人材はもはやありふれているため、それのみに頼った意思決定では企業としての差別化ができなくなった。

2→消費者の動機の変化

・世界がある程度豊かになり、あらゆるサービスや製品にファッション的側面が求められつつある。

3→市場とルールの時間的ギャップ

・いわゆるコンプラの問題。技術などの発展に法律が追いつかない時代だが、明文化されたルールがない市場であればこそ、内部の倫理で営業活動を規律することが必要になる。なぜなら、グレーゾーンを追求して倫理を踏み外すことは、短期的には儲かっても長期的には損(ex.DeNAWELQなど)。

 

感想・考察

こうした視点から、ビジネスマンが美意識を養う必要性を論じるのが本作である。具体的なトレーニングの方法はわりかし一般的なので省いてもいいだろう。(哲学・文学を用いてそれが内在する批判的&相対的視点や思考プロセスを養う、絵画を用いて素直かつ鋭敏な観察眼を養う、など。)

 

個人的には、この論理偏重への警鐘を鳴らしている部分は非常に納得感や新鮮味があったのだけど、「じゃあその美意識をどう養うの?」という終章のフェーズが、期待感が高かった分少し残念だった気がする

特に、終章序盤に「アートがサイエンスを育む」と銘打たれた節で、科学的業績の良さと芸術的素養の高さの相関関係を主旨の補論として引っ張ってきたとこがある。

しかし、この補強は少々安易すぎる気がする。いわゆる文化資本という概念で、芸術的素養を養えるような裕福な家庭環境がその人物の成功を助けただけなのでは?というツッコミが当然入ってくるからだ。(ヴァイオリンを弾くことが許されているスラム街の少年はいるのだろうか?と考えてみて欲しい。)

著者自身、この関係がどういうメカニズムかは不明だと留保してはいるけれど、ここの片手落ち感でそれまでの納得感、ワクワク感の勢いが少し削がれた気がする。

また、方法論そのものの部分についても、それ以前の章で出てくるような「良い意思決定」の典型例と、その方法が本当につながるのか?というところで少し疑いが残ってしまった。まあ、アートや美意識という概念の性質自体が属人的なものだから、そこの妥当感はある種仕方ないかもしれない。

 

とはいえ、要旨についての納得感は非常に高かったし、「個人の中に倫理的・美的な行動規範を持て」というメッセージは、自分の最近の関心に対して背中を押してくれる主張でもあり、素直に読んで面白かった本だった。

とても読みやすくて含蓄深いので、組織論やリーダーシップについて関心がある方におすすめです。